イルカXがレゴにハマった経緯

イルカXは今はレゴ大好きで、暇があったら作ってます.

でも、最初はほとんど興味を示しませんでした。

 

最初に与えたのはデュプロ。

赤ちゃんが飲み込めないサイズの大きなブロックです。

もらったのは動物園セットだったので、動物が沢山付いてました。

1歳ぐらいでしたか。

付いていた動物では遊んでいたけど、あまりブロックは組まなかったです。

積み木は好きだったんですけどね。

 

3歳を過ぎた頃から赤いバケツをいつでも出せるようにしました。

私が声を掛けて一緒に作ったら少しは寄ってくるんですが、すぐ他の遊びへ。

幼稚園に入っても、あまりレゴに興味を示さず。

 

遊びを強要するのってどうかと思ったので、とにかく興味を持ってもらおうと、

私がセットものを組んだり、トーマス作ったり。

戦隊ロボを作った辺りで、ようやく少し興味を持ち始めました。

その頃ちょうど、レゴのロボット「エクソフォース」シリーズが発売されていて、

ロボット好きだったので説明書見て作るようになりました。

でも、青いバケツを出してもオリジナルで何かを作ることはしませんでした。

クリエーターセットもたくさんあるのに。

 

戦隊シリーズが炎神戦隊ゴーオンジャーになった頃、

イルカXがまた戦隊ロボをレゴで作って欲しいと言ってきました。

(買って!!と言わなかったのは、親が買う気ゼロなのを見越してか・・・・笑)

ダイボウケンを解体して私がエンジンオーの制作に取り掛かりました。

炎神達も車だったんですが、動物要素がプラスされていて、

顔のある車だったんですよ。

レゴってパーツの大きさが決まってるので、顔を再現しようとすると、

どうしても大きくなってしまって、

できたスピードルがおもちゃの2倍ぐらいの大きさ。

そこから合体してロボになるので、5体以上の合体は無理でした。

それで、イルカXと今回は5体までしか作らないと約束したんです。

6体目のキャリゲーターがレア色のオレンジだったこともあって、

パーツがなくて作れなかったのもあります。

納得してくれたんですが、後にゴールドとシルバーが仲間になり、

トリプターとジェットラスを見て、欲しくなったイルカX。

私は約束なので知らんぷりしてたんですよね。

そうしたら、自分で作る!!

と青いバケツからレゴを取り出して作り始めたのです。

できあがったトリプターとジェットラスは、

得意そうにエンジンオーにくっつけて遊んでいました。

 

イルカXが、レゴは自分の作りたいものが作れるものだということを

理解した瞬間でした。

 

私はダイボウケンのとき作りすぎてたんだなーと反省しました。

自分で作らせるってことも大切だったんですね。

 

それからです、ドラクエのモンスターを作ってみたり、

好きなものを作るようになったのは。

私の思惑通りレゴを作るようになったんですが、

今度はセットものを作らなくなってしまいました。

そこは失敗したなぁと思います。

一生懸命、事あるごとにクリエーターシリーズ面白いよとか

、声かけたんですけど、駄目でした。

セットものはプロのレゴクリエーターさん達が考えて作ってるので

作り方の基本が学べるんですよね。

私は一通り、家にあるクリエーターセットを組んでみたので、

すごく勉強になったなと思うんです。

だから組んでみて欲しかったんですけどねぇ。

イルカXが細やかな表現が苦手なのは

きっとその部分をやらなかったからだと思っています。

 

とにかく自己流すぎて、

小学校低学年頃はパーツがポロポロとれる作品ばかり作ってました。

 

基本が出来てないイルカXを少し変えたのは、

レゴの作り方を写真などを載せて紹介してくれている一冊の本でした。

TVチャンピオンにも出ていた、ビルダーさんが出版された本です。

 

 


アイデアをカタチにする! ブロック玩具ビルダーバイブル 組み立ての基本からオリジナル作品づくりまで

 

レゴと一緒に置いておいたら、自然に読んだようです。

それにはレゴの組み方、パーツの便利な使い方、

色んなジャンルのクリエーターさんの作品の写真などが掲載されていています。

それを見て、細かいパーツの使い方を研究したイルカXは、

5.6年にはミニロボシリーズを作るようになりました。

残念ながら写真にとって無かったんですが、

低学年に作っていたロボとは作りが違ってました。

 

中学に入る頃になると、レゴをやめてしまう子も出てくると思うのですが、

イルカXの場合、逆に一番ハマったのが中学時代だと思います。

やっぱりきっかけは戦隊ロボで、

手裏剣戦隊ニンニンジャーにでてくるシュリケンジンパオーンが可愛い!

と思ったことでした。

一体だけロボを買うのも何だし、作れるんだからレゴで作ろうって

資料としておもちゃ屋さんに見に行ったら

合体の関係で腕が動かないことが判明。

それならパオーンをモチーフに、

自分なりにゾウから人型ロボットに変形するロボ作ってみれば?

と言ったら、自分で考えて作りました。

これも写真撮ってないのを後悔しています。

ゾウからちょっと武者っぽいロボットへ変形する面白いロボットでした。

それで自信を付けたイルカX、トランスフォーマー好きなのも相まって、

どんどん変形ロボを作るようになっていったんです。

 

実際にあるものをモチーフに作れば

いいものができるってことにやっと気づいたのもこの頃です(遅いよ!)

小さい頃は博物館とか連れて行っても響いてないなぁと思ってたんですが、

中学生になってから連れて行ったら目の色が違う!

今更ながら、博物館行きなおしたりしてます。

 

最初は「空間認識能力」が育つらしいから、ぜひやらせたいと思って頑張って

興味を持たせてレゴを作るように持っていったのですが、

実際に育ってる気がします。図形問題は得意ですしね。

 

昔のレゴって対象年齢 0-99 って書いてあったんですよね。

今は表記が変わってますが。

私も歳になってきたので、ボケないために、

息子と一緒にレゴを一生の趣味にしていきたいなーと思います。

 

 

 

スポンサードリンク


レゴ変形ロボ!ドリルザンバー

第3勢力の戦士です。

いつもハードウェーブと行動を共にしています。

 

ハードウェーブの紹介はこちら

 

 

モチーフはドリル戦車です。おもちゃ屋さんにこんな形のドリル戦車の上にフィギアを載せて飾ってあったんです。

それを見てかっこいい!!と脳内変形が始まりまして、出先から帰ったらすぐ作ってました。

車体の上のドームみたいなところがコクピットらしいです。ミニフィグ乗らないですけどね・・・。

 

 

こちらがロボットモード。モチーフはありませんが、バイオニクルの顔がついているので、エイリアンっぽい感じですね。

 

 

 

この、マスクを取るというのをやってみたかったみたいです。なんか悪役っぽくていいかも。

 

 

イルカXはガンダムのダブルオーのGNドライヴが気に入っていて、ドリルを見たとき絶対こんな風に背中に持ってこようとしていたようです。

ちょっと長いですよね。レゴのモーターはちょっと大きめなので、自動で回るギミックはつけられなかったですね。手回しは出来ますよ。

発光の方がそれっぽいかな。

 

 

ザンバーの足のキャタピラの中にあるのはミサイルらしく、攻撃できるようです。

凶暴そうですね。

彼?はイルカXが自分の好きなロボットの要素をふんだんに取り入れてるのでお気に入りなんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ザンバーは何故か撮影の時、監督と呼ばれてて偉そうにしてました。

って、何もしてないでしょ。

私もシャッター代わりのマウスのボタン押してただけだけど。

 

 

 

スポンサードリンク


私をレゴ好きにさせたもの。

プロフィールでも少し触れていますが、私がレゴにハマったのは子供を産んでからです。

小さい頃、レゴは確かにうちにあったんですが、遊んだ記憶がない・・・。

私は極度の方向音痴でして、どうも空間認識能力が低いのかなと思います。

だから、ブロックとは相性が悪かったのかも。

しかし、イルカXが生まれてすぐ、兄が「空間認識能力をそだてる知育玩具だ!!」と、

誕生日、クリスマス、正月と事あるごとにレゴをプレゼントしてくれました。

デュプロに始まり、赤いバケツ、青いバケツ、数々のクリエーターセット。

イルカXが幼稚園に入る頃には、コンテナいっぱいレゴがありました。

でも、イルカXはあまりレゴで遊ぼうとしなかったので彼に興味を持ってもらうのと、

もったいない気持ちから私がレゴで遊ぶことにしたのです。

 

さて、何を作ろう?

 

最初は私も何を作ろうか迷いました。

ママ友にレゴを勧めたときも言われたんですが、何を作っていいかわからないと。

元々大好きってわけでもないものをいきなり遊ぼうと思ってもそんな感じだと思います。

だから最初はクリエーターセットなど、セットものを組んで、

レゴの作り方を研究することからはじめました。

 

それから、私の目的の一つはイルカXに興味を持ってもらうことだったので、

イルカXの好きなものを作ることにしました。

 

まず、最初に作ったのは機関車トーマスでした。これだけ写真が残ってました!!

 

プラレールやおもちゃでトーマスは持っていたのですが、

レゴでも作れるんだよー。と作ってみたのです。

が、幼稚園児の非情な一言「顔が変!トーマスはこんな顔じゃない!」

と見向きもされませんでした(泣)

 

負けずに、今度はアンパンマンだー!!と、

レゴのクリエーターセットにあったロボの作り方を参考に、

アンパンマンロボを作りました。

残念ながら写真撮ってなかったです・・・。

 

タンという肌色に近い色が当時レアで家になかったので

、顔も黄色のパーツで作ったんですが、「アンパンマンの顔は黄色じゃないよ!」

と冷たいお言葉・・・。ぐぬぬっ。

 

そうこうしているうち、Papaoから

「大変だ!!次の戦隊モノ、イルカXの好きな働くくるまが合体する!!」

と報告が。

幼稚園児、そろそろ戦隊ロボを欲しがる年齢。

しかもイルカXはダンプカーやショベルカーなど働く車が大好きだったんです。

戦隊の名は轟轟戦隊ボウケンジャー。

赤いダンプがメインで合体するロボです。

ロボは一つ買うと全部欲しくなる。

うちはコレクターの気があるのでたぶんそうなる・・・。

 

そういえば、レゴで車のクリエーターセット幾つか貰ってたな。

 

そうだ、たくさんレゴがあるんだし、レゴで作って誤魔化してしまえ!!

 

こうして、戦隊ロボのビークルを作ることになったのです。

最初は誤魔化すつもりだったので、合体しないビークルを作りました。

すると、遊んでくれたんです!!

今まで私の作ったレゴは見向きもされなかったのに。

 

次の瞬間、イルカX「合体しない!!」

 

私、「ですよねー(泣)」

 

イルカXが遊んでくれたことが嬉しくて、即改造。

合体するよう試行錯誤して、何度も作り変えました。

この、試行錯誤して何度も作り変える作業がだんだん楽しくなっていったのです。

テレビ録画してかじりつきで観て、てれびくん購読して先取り情報とって。

ゴーゴーミキサーを作る頃には楽しすぎて、おもちゃ発売前に完成させましたよ。

「誰よりも早く合体できるよー!!みんなまだ持ってないよー!!」

鼻高々でイルカXに渡したものです。

だから、ボウケンジャーはアルティメットダイボウケンまで作りました!

パーツの見立てとか、そういうのが本当に楽しかったんです。

しかも合体ロボなんで、ひとつづつ合体していく過程が達成感あって。

なんで小さい頃遊んでなかったのか不思議なぐらいハマってしまいました。

一番は、イルカXが遊んでくれたことなんですけどね。

ちょっと重くてでかいダイボウケンで、私がいないと合体できなかったけど。

 

ダイボウケンの紹介記事はこちら

 

最初はイルカXのため、でもいつの間にか自分が一番楽しかった。

やってみたらそういうことあるかも知れませんよ。

しかもその時のレゴのパーツは今も使われてますから、経済的でもありますね。

解体して次のロボを作れるのはレゴのいいところです。

 

 

次回は、イルカXがレゴにハマるまでを語りたいと思います。

 

スポンサードリンク


映画トランスフォーマー「最後の騎士王」観に行ってきました!!

今日、観に行ってきました。

実は、イルカXがトランスフォーマー大好きになったのは小学6年ぐらいからでして、

それから映画のDVDを買って観たので、映画館でみるのは初めてなんです。

 

一作目をテレビ放送で見た時には、情報量が多すぎて疲れる映画だなーという感想だったんですよね。

特に、「ダークサイド・ムーン」「ロストエイジ」がなんとなく話が暗い感じで、

今作もちょっと悩んではいたんです。

でも、今回映画館で観て良かったです。

話も思ったより暗くなかった!!

執事サイコー!!

 

私、前作からハウンドさんのファンなんですが、頑張って戦ってました。

やっぱり、いいおっさんですよ彼は。

でも、ビークルのデザインは前作のほうが好きかなー。

DVD買ったのが遅すぎて、おもちゃ売ってなくて、

この間、やっと中古で手に入れたんですよ。ハウンドさん。

もちろん、変形させるのはイルカXの役目。

私は眺めるだけなんですけどね。

ドリフトさんも、前の青い方が好き。

ホットロッドのランボルギーニはかっこよかった!!

私、小さい頃からランボルギーニ好きなんですよ。

おもちゃ出たら買おうかなー。

トイザらス限定のスカリトロンも欲しいしな。

悩むところです。

 

こうして、我が家のトランスフォーマーは増えていくのです。

イルカXのレゴロボのように解体はできないので置き場に困ります・・・。

 

 

スポンサードリンク


 

「Rush to Future」制作話 音楽

「Rush to Future」はこの作品の曲のタイトルです。
作品のタイトルは別のものにしたかったんですが、irukaXが作品自体の
タイトルを付けてくれなかったため、曲のタイトルになってしまいました。
トランスフォーマーは著作権的に名乗れないにしろ、○○ロボ、とか
キャラクターたちの総称ぐらい付けてやれよ!!

やっぱり、専用のOPぐらい欲しいよねということで、
素人なのにDTM(ディスクトップミュージック)で頑張って作りました。
歌っているのは、ボーカロイドの ZOLA PROJECTです。
ボーカロイドといえば、初音ミクちゃんが有名ですが、
ZOLAは男三人組のユニットなんですよ。

でも値段は一人分、お得です!!

 

 

 

向って左がYUU君。優しさを秘めた哀愁漂うスウィートボイスらしいです。

私はこの子に「さしすせそ」をうまく歌わせることが出来ません。

 

この曲でのソロパートは「勇ましく立ち上がれ」です。

 

真ん中がKYO君。明るく前向きで力強さあふれる正統派ボイスらしいです。

私はこの子の声がお気に入りで、うちのメインボーカルです。

でも「たちつてと」を歌わせると「ちから」が「てぃから」に聞こえてしまい、

どうしても「ちから」と歌わせられないです。

他の人は歌わせてたから、歌わせ方があるのかもしれない・・・。

 

この曲のソロパートは「今目覚め始まる」と「心熱くたぎらせ」です。

 

右がWILL君。外国人ならではの抒情的なハスキーボイスだそうです。

高い声が出るので、今回の歌に重宝したのですが、「らりるれろ」

を歌わせにくいなーと思います。

あと、声が小さめなのがね。ボリューム一人だけ上げてるんですけどそれでも聞こえにくい・・・。

 

この曲のソロパートは「きらめくプラネット」です。

 

ぜんぶ、私の歌わせ方に問題があるんでしょうけど・・・。

けっこうボーカロイドは難しい。

 

アニメソングなので、ハキハキ歌わせてみました。

シャウトはどうやるかわかりません!

 

この子達は、他のボーカロイドよりイメージが固定してないから、

購入を決めた子達です。アニメソング歌わせるからねー。

 

 

この曲を作るときに一番苦労したのは歌詞です。
世界観がよくわからなかったので、イメージが定まらなくて。
だから、まだ一番しか曲ができてない・・・。
またキャラが増えたら二番の歌詞でもう一本作品撮りたいなと思ってますが。
映像に歌詞が付けれなかったので、
ここで歌詞、載っけておきます。良かったら歌ってやってください。

 

「Rush to Future」

今 目覚め始まる きらめくプラネット
勇ましく 立ち上がれ 仲間とともに
果てしない地平に 昇る太陽
光浴び輝いてる 星の生命(いのち)よ
心 熱く たぎらせ 力合わせて 挑め!

突っ走れ つかみ取れ
加速する fighting spirit
はるか自分の限界越えて
空高く 海深く 襲い来る奴らに
決して 引かない 鋼の Soldier

Save the deem Full blast Rush to future

奮い立て 守り抜け
突き抜ける fighting spirit
緑 息づく 豊かな大地
打ち砕け 奪い取れ 襲い来る奴らに
負けやしないぜ 不屈の Soldier

Save the deem Full blast Rush to future

 

こちらから歌が聞けます

 

 

 
スポンサードリンク


 

ページトップへ