「Rush to Future」制作話 撮影

この作品は実は記念すべき親子合作作品、第1号なんですよね。
お互いが手伝うことはあったんですが、二人で完全分業で作ったのは初めてです。

撮影は息子 イルカX の担当。出演者が殆ど彼の作った変形ロボだったため、
関節がどう動くかなど、彼にしかわからないし、私(母) Chiiko では変形させられないですから。
歌に合わせるので、歌詞と大まかな秒数を入れた絵コンテらしきものは私が作成し、
(絵がかけないため、絵のない絵コンテだったけど)イメージは口頭で説明。
間奏から後は、絵コンテすらない、適当すぎる撮影現場でした。

今思えば良く無事完成したな・・・。

もちろんそんないい加減な状態ですから、親子喧嘩が耐えなかったです。
お互い、頭のなかにイメージがあるから、うまく伝えられず衝突するわけですよ。
気まずい雰囲気の中、黙々と撮影する日々。
撮影期間は3ヶ月ぐらい。

 

最も力が入ったのは、間奏の並んで変形のシーンです。

 

トランスフォーマー見てて、彼が最も撮りたかった画らしい。

あとは、遥か自分の限界越えて~の歌詞の部分の戦闘シーンは
G1トランスフォーマーのオープニング、ジャズがスカイワープに投げられてるシーンを
パロってます。

角度が違いますけどね。

 

 
スポンサードリンク


 

この記事にコメント

ページトップへ